ホーム > アルザス観光 > マーレンハイム

マーレンハイム Marlenheim

マーレンハイム

マーレンハイムは、アルザスワイン街道の北の入り口。アルザスではめずらしい赤ワイン品種ピノ・ノワールがとれるぶどう畑の丘が連なります。
人口3000人ほど。長年ミシュランガイドで2つ星を取るレストラン「ル・セール(Le cerf)」もお勧めです。

(写真)マーレンハイムのぶどう畑

マーレンベルグの礼拝堂

マーレンベルグの礼拝堂
現在の礼拝堂は、589年メロヴィング朝支配下で、マリア像がまつられる洞窟があった場所に17~18世紀に建てられました。キリストの十字架がかかり、マーレンハイムのぶどう畑が見下ろします。

聖リシャール教会

聖リシャール教会
ロマネスク建築。18世紀に改築されました。18世紀の教壇、新古典主義の祭壇、ルネサンス式の洗礼盤など。

プチット・ソルボンヌ

プティット・ソルボンヌ
このお城は、1368年アンドロー大修道院の所有でしたが、1510年ストラスブール市の所有となりました。現在は養老院として使われています。

ページトップへ