ホーム > アルザス観光 > ミッテルベルグハイム

ミッテルベルグハイム Mittelbergheim

ミッテルベルグハイム

ミッテルベルグハイムは、フランスで最も美しい村の認定を受ける、小高い丘・小路の広がる小さな街。
人口700人弱。
村の半分以上をアルザスワインのぶどう畑が占め、ゾッツェンベルグのグラン・クリュでも有名なワイン生産の中心地です。

プロテスタント教会

プロテスタント教会
12世紀のサン・テティエンヌ礼拝堂に起源を持ちます。ロマネスク様式の身廊は徐々に幅を広げ、ゴシック様式、ルネサンス様式の要素も取り入れてきました。尖塔の高さは35mほど。

カトリック教会

カトリック教会
1893年建築。このときまでカトリック教徒たちは16世紀のルター改革以降もプロテスタント教会を使用してきました。ストラスブール司教の遺産、市の贈与などに加えボランティアたちの手によって建てられました。

市役所

市役所
1620年ルネサンス様式建築のほぼ正方形の建物。外側の階段は外側の廊下ロッジアへと続き、葱花形屋根を備えます。16世紀の井戸や、動く圧搾機、13~14世紀のものとみられる洗礼盤も独特です。

オイルの風車

オイルの風車
18世紀の搾油用の風車。全く損傷の見られないのはアルザスではめずらしいものです。2.14mの水平方向の碾臼、重さ3トンの臼などを備え、高さは1.60m、幅は2.75mにも及びます。全て木製で馬により作業を行っていました。

圧搾機

圧搾機
村では十数の圧搾機が使われていました。10分の1税を徴収する場所にあったジーグレー領主の当圧搾機は、1571年製造のものに取って代わられました。1727年から1952年まで使用されました。

ページトップへ