ホーム > アルザス観光 > タン

タン Thann

タン教会

タンはワイン街道の南の入り口。ヴォージュ山脈の南に位置する、人口8000人ほどの町です。

(写真)サン・ティエボー参事会教会
ゴシック建築参事会教会の中で最古の部類に属します。13世紀後半から1516年にわたって建設されました。高さ78mの美しい尖塔、聖母マリアの生涯150シーンを描いたタンパン、169人の人物で装飾される内陣の聖職者席は、全て圧巻です。

聖ドミニク教会

サン・ドミニク教会(Eglise Saint-Dominique)
991年ストラスブール司教によって建設された、アルザス最古の部類に入る聖母マリア教会。アルザス巡礼地の一つ。

レンゲルブール城遺跡

レンゲルブール城遺跡(Château de l'Engelbourg)
1224年建築。テュール渓谷の通行税を取り締まるために、フレデリック2世の命によって造られました。30年戦争で戦火を受け、所有者が幾度も変わった後、国境線の変更からルイ14世の命により取り壊されました。

ランゲンのぶどう畑


ランゲンのぶどう畑(Vignoble du Rangen)
中世時代には既にその記述が現れる、美しく耕作された畑。傾斜45度の丘陵地は全てグラン・クリュに指定されています。

ページトップへ