ホーム > アルザス観光 > ヴィッセンブール

ヴィッセンブール Wissembourg

マジノ・ライン

ヴィッセンブールは、フランスの北東、アルザスの北の端に位置する人口8000人弱の、歴史の深い町。
フランスで最古のキリストの顔のステンドグラスが見つかったのもこの街です(ストラスブールノートルダム博物館に保存)。

(写真)プチット・ヴェニーズ。ラウター河水辺に伝統的建築の家々が立ち並びます。

市役所

市役所
1741年~1752年に建立。

サン・ジャン教会

サン・ジャン教会(Eglise St-Jean)
13世紀のロマネスク様式の鐘楼を抱える16世紀建築の教会。ルター改革があってから、現在は町のプロテスタント教会となっています。

サン・ピエール・サン・ポール教会

サン・ピエール・サン・ポール教会(Eglise St-Pierre-et-St-Paul)
ストラスブール大聖堂についでアルザスで2番目に大きな教会。13~14世紀にゴシック様式で建立。ロマネスク様式の鐘楼、後陣のステンドグラス、14世紀の聖クリストフの壁画、14世紀の外部列柱廊、どれをとっても特異です。

ページトップへ