ホーム > 生活と文化 > フランスで婚姻届を出す

生活と文化

生活あれこれ ラ・ヴィ アルザス

フランス・アルザス社会の質問

婚姻届 Acte de mariage

便利なリンク Liens utiles

フランスで結婚した後に日本に提出する婚姻届に関するリンクです。

婚姻届の提出方法

フランスで、フランス方式で結婚した場合、フランスと日本両方に婚姻届を提出しなければなりません。
フランス側へは、役所での結婚宣誓式で、婚姻届の提出が行われます。日本側への提出方法は、2通りあります。

1.日本の本籍のある市役所で提出する方法。
2.在仏日本大使館に提出する方法。

私は、日本へ帰らなければいけない用事があったため、1の方法で行いました。
提出物も少なく、提出した日の3日後には、戸籍に反映されたので、実に簡単でした。
2の方法で行うと、反映に1ヶ月以上かかると言われてしまうので、日本へ帰る用事のある方は、1の方法で行うのが速いでしょう。
※滞在許可証を取得するときに、変更後の戸籍が必要と言われることもあります

日本で婚姻届を出す場合の必要書類一覧(2010年時点)

  1. 婚姻届2通(市役所においてあります。)
  2. Copie Integrale d'Acte de Mariage1通
  3. 同和訳文1通(手書きでもOK)
  4. 配偶者の身分証明書の原本(市役所でコピーしてすぐ返してくれます。)
  5. 同和訳文1通(手書きでもOK)

フランスで婚姻届を出す場合の必要書類一覧(2010年時点)

大使館に返信用封筒と一緒に、婚姻届に必要なような用紙を問い合わせれば、送ってもらえます。

  1. 婚姻届2通(大使館に問い合わせれば、送ってもらえます。)
  2. Copie Integrale d'Acte de Mariage2通(役所の印・サインがオリジナルのもの:Livret de familleは不可)
  3. 同和訳文2通(大使館所定の書式に記入)
  4. 外国人配偶者の国籍を証明するもの(有効な旅券原本又は身分証明書原本)
  5. 同和訳文2通(大使館所定の書式に記入)
  6. 戸籍謄本2通
  7. フランス滞在許可証又は日本国旅券の写1通
ページトップへ